今回はスマブラ界のイケメンゴリラことドンキーコングについて書いていきます!

 

見た目からアイクもゴリラと呼ばれたりしますが、こちらは正真正銘のゴリラです。

 

ドンキーは前作から弱体化された点と強化された点があり、総合的にはわずかに強化されたのではないかと言われています。

 

その辺りも含めて詳しく見ていきましょう!

 

※情報はデモ版のものなので、変更される場合があります。

ドンキーコングの概要

ジャングルの王者のゴリラ。

 

王者といっても力や権力を振りかざすことはなく、周りから慕われているゴリラの鑑です。

 

『ドンキーコング64』のオープニングにてbigger, faster, strongerと紹介された通り、大きくて早くて力強いキャラという設定があります。

 

スマブラにもその設定が活かされていて、一発のパワーを持っていながらそれなりのスピードや小技も持つキャラクターとなっています。

 

さらに見た目の通り体が重く、吹っ飛ばされにくいという特徴があります。

 

また、ドンキーと言えば投げと言われるほど、初登場の64~前作のWiiUまでどの作品も非常に投げが強力です。

(64に至っては「投げ以外すべて弱い」と言われるほど・・・)

 

特に相手をかかえる前投げ「リフティング」からのコンボ(リフコン)はすさまじく、スマブラWiiUでのリフコンによる火力やバースト力はピカイチでした。

 

 

ところが、なんと、

スマブラSPではドンキーの代名詞とも言えるリフコンが廃止

 

ドンキー最大の長所を失いかなりの弱体化を受けています。

 

その代わりに多くのワザが強化され、投げもコンボこそ難しいものの吹っ飛ばし力が大きく強化さました!

 

なお、もう1つの代名詞「相手を背負っての道連れ」は残っているのでそこはご心配なく!

 

長所/短所

長所

・ワザのリーチが長く、判定が強い

・つかみの範囲が広く投げもやや高性能

・4種類のメテオを持ち、当たれば早期撃墜が狙える

・体が重くて吹っ飛ばされにくい

 

短所

・体が大きく、攻撃に引っかかりやすい

・空中での暴れが弱く、着地狩りされてあっさり負けることも

・崖につかまったあとの行動が弱いため狩られやすい

・上方向への復帰距離が短い

・吹っ飛びにくいためコンボを受けやすい

 

前作からの主な変更点

・横強の後隙は減ったが威力が下がった

 

・下強の発生が早くなったが後隙が長くなった

 

・上強の吹っ飛ばしが弱くなった

→上強だけでコンボになるため一長一短

 

・上スマッシュの下方向の判定が大きくなった

 

・空中ワザの着地スキが大きく減少した

(スマブラSP全体の傾向ではあるけど)

空N17F→10F

空前29F→17F

空後18F→11F

空上25F→15F

空下24F→14F

 

・空前の発生が早くなった

 

・NBを空中で出しても尻もち落下にならなくなった

さらに溜めモーションをジャンプでキャンセルできるようになった

 

・横Bの発生前にスーパーアーマーがつくようになった

 

・空中の上Bの移動距離が短くなった。

また、ダメージは減ったものの途中で抜けられにくくなり、吹っ飛ばしのある最終段が追加された

 

・地上の下Bは後隙が減り、空中の下Bは着地スキがなくなった

 

・ダッシュ攻撃の後隙が減った

 

・つかみの後隙が増えた

 

・リフコンがつながらなくなった

 

・最後の切りふだがタルコンガからパンチによるラッシュになった

 

ワザ一覧

ドンキーのワザには武器判定がついているものが多く、ほとんどのワザに打ち勝てます。

 

肉体が武器とはまさにこのこと。

 

・弱 ジャブ→アッパー

1発目のジャブには当たると相手を引き寄せる効果があります。

 

スマブラSPは前作スマブラWiiUと比べて全体的に吹っ飛び方が変わったため、ジャブから他のワザへのコンボは難しくなった模様。

 

素直に2段目のアッパーにつないだ方がよさそうです。

 

・横強 コングアックス

アックスという名の通り(?)腕部分は武器判定です。

 

リーチだけでなく後隙も長いため気軽には振れません。

 

コンボがつながるわけでもなければバーストできるほどは吹っ飛ばせない、いろいろ中途半端なワザです。

 

確反として使うにはいいかもしれませんが、威力はパワーキャラと思えないほどひかえめ。

 

・上強 くもの巣はらい

超強いです。

 

めちゃくちゃ早い発生、短い後隙、広い攻撃範囲、武器判定。

強い要素を詰め込んだようなワザです。

 

暴れにも対空にも使えるだけでなく、緊急回避で回り込んでくる相手には後ろ側の判定が当たったりします。

 

くもの巣をはらうのにどれほど力を入れているんだ・・・

 

前作より吹っ飛ばしが弱くなったためバースト力は下がったものの、低%の相手には連続でつながるようになったため、単純に弱くなったというわけではなさそうです。

 

・下強 ロースラップ

意外とリーチが長く、発生の早さと後隙の短さから連発できる高性能ワザです。

 

もはや当然のように腕部分は無敵になっています。

 

単発での威力は低いものの、低%の相手は当たると結構な確率で転倒するため結果的に高火力になりやすいです。

 

崖につかまろうとする相手にも当たる当たる。

 

ドンキーのしゃがみは見た目から舐めプに思われたりしますが、下強の性能を考えると割とまじめな立ち回りだったりします。

 

・横スマッシュ ダイナクラップ

発生の遅さや後隙の長さが目立つものの、当たればかなり吹っ飛ぶというパワーキャラらしいスマッシュ。

 

WiiUではこのワザの一発逆転に何度助けられたことか・・・

 

相手のダッシュ攻撃やショートジャンプでの飛び込みを読み、バックステップなどから出すと意外と当たります。

 

威力の割には後隙が短い気もします。

 

・上スマッシュ ジャンボプレス

前作より下方向に判定が広くなり、地上の相手に当てやすくなりました。

 

といっても地上の相手にこのワザを狙う理由はほぼないような・・・

 

台の上にいる相手への攻撃としては十分な性能をしています。

 

・下スマッシュ ツインビート

ドンキーのスマッシュの中で最も威力が低く、最も発生の早いスマッシュです。

 

ドンキーの中で威力が低いだけで、並のスマッシュよりは吹っ飛びます。

 

緊急回避で回り込まれても当たる点は普通に優秀なので、回避を読んだり相手の崖上りに合わせて狙っていきましょう!

・空N ドンキーラリアット

見た目の割に発生が遅く、リーチも短めで比較的使いづらいワザです。

 

ただし、空中での暴れが弱いドンキーにとっては生命線になり得ます。

 

浮かされた場合は、素直に空中ジャンプで逃げるか裏をかいてこのワザで暴れるかの二択が基本です。

 

・空前 ハンマーナックル

4つあるドンキーのメテオワザの中で、おそらく最高の吹っ飛ばし力を持ちます。

 

スマブラSPでは前作より発生が早くなって使いやすくなりました。

 

とはいっても当てるのは簡単ではないため、空中回避を読んだりして何とか当てていきたいところです。

 

・空後 コングロケット

どの辺りがロケットなのかはさておきとんでもない性能のキック。

 

発生が早いクセに後隙が短く、ポンポン連発できます。

 

そのうえリーチや判定の強さも優秀。

ダメージが高めでバーストを狙える吹っ飛ばしも持っています・・・

 

(なぜ弱体化されなかったんだ?)

と思わざるを得ないワザの1つです。

 

相手が左右どちらにいてもこのワザを当てに行けるように、振り向きからのショートジャンプ空後は練習して最速で出せるようにしておくといいかもしれません。

 

練習するだけの価値があるほどの強烈なワザ。

 

・空上 エアヘッドバット

前作ではリフティング上投げからのこのワザが確定でつながり、早期バーストがかなり楽でした。

 

投げからつながらなくなった悲しみはあるものの、単体で見てもなかなか高性能です。

 

発生が早くて威力も十分、さらに頭が無敵なため暴れられても無視できます。

 

ドンキーって無敵ついてるワザ多すぎません?

 

・空下 エアスタンピード

4つあるドンキーのメテオその2。

 

そりゃあゴリラに踏まれたらただでは済まないよな・・・

と思わされるぐらい吹っ飛ばしの強いメテオです。

 

空前はドンキーの前側に判定が出るのに対してこれは真下。

メテオを使い分け、バーストにつなげていきましょう!

 

・ダッシュ攻撃 ローリングアタック

思いのほか持続が長く、判定も強いため油断している相手にはガンガン当たります。

 

単体で見ると強くも弱くもないのですが、差し込み手段の少ないドンキーには必要なワザです。

 

後隙はしっかりあるので使いすぎは禁物。

 

・NB ジャイアントパンチ

通称「ゴリパン」。

スマブラのドンキーを象徴するワザであり、優秀なバースト手段でもあります。

 

10段階パワーを溜めることができ、最大まで溜めるとスーパーアーマーがつきます。

 

アーマーもさることながら、すさまじい威力とそれに見合わない後隙の短さで強力なワザです。

 

WiiU版では9段階溜めで止めた方が吹っ飛ばしが強かったのですが、スマブラSPでは未検証とのこと。

分かりましたら追記します。

 

・横B ドンキーヘッドバット

地上で当てると相手が地面に埋まり、

空中で当てるとメテオになり、

ガードされるとシールドを大きく削り、

発生前にスーパーアーマーがあるという追加効果だらけのワザ。

 

ドンキーの空中ワザに対してはシールドが有効なため、読んでこのワザで割ることができればかなりのアドバンテージをとれます。

 

ただし一撃では割れないため、ちょっと削っておかないとスキだらけになる点には注意が必要です。

 

・上B スピニングコング

通称「ゴリコプター」「ゴリコプ」。

 

地上ではスーパーアーマーがあり、思いのほか吸い込むため地味に強いかもしれません。

(ドンキーにスーパーアーマーついてるワザ多すぎ・・・)

 

どちらかというと、乱闘やチーム戦で真価を発揮するワザではあります。

 

 

空中上Bはドンキーのワザの中で発生が最速で無敵もあるため、浮かされた場合の暴れとしては強力です。

 

ただし、外した瞬間ものすごいスキをさらすことになります。

 

スマブラSPでは前作と性能が変わり、相手を巻き込んで最後に吹っ飛ばすというサムスのスクリューアタックのような性能になりました。

 

途中で抜けられにくくなったのはいいのですが、ダメージがかなり下がったのは痛いです;

 

・下B ハンドスラップ

地上では発生が遅く床に接している相手にしか当たらないものの、威力が高くて攻撃範囲も広め。

リトルマックを始めとした、地上主体のキャラにはかなり刺さります。

 

総合的に見ると使いづらいワザではある代わりに、下Bをうまく使いこなすドンキーは本当に強くてかっこいいです。

東山動物園のシャバーニ君といい勝負できるかも。

 

 

空中で出した場合は、4つあるドンキーの最後のメテオです。

 

2回たたくことから持続は長いものの、リーチが短いうえに吹っ飛ばしが弱く、どうにも使いにくいと思います;

 

スマブラSPになってこのワザの着地スキがなくなったため、釣りや奇襲には使えるかもしれません。



Sponsored Link

・つかみ

腕の長さを利用したつかみ範囲の広さは顕在です。

 

しかしリフコンがなくなったため、過去作品ほど積極的に狙うべきワザではないかもしれません。

 

後隙も長くなってリスクは増したので、ここぞという場面で確実につかんでいきたいところ。

 

・前投げ リフティング

直接投げるわけではなく、相手を肩にかついで運びます。

 

ドンキーにのみ許されたワザで、相手をかついだ後で各方向に投げることができます。

 

また、相手をかかえたまま崖に飛び込んで道連れにするのはもはや伝統芸能。

 

・前投げ (リフティング後)

崖方向を向いて高%の相手をつかんだ場合、かかえたまま場外へジャンプ→前投げでバーストを狙えます。

 

直接バーストできなくても復帰阻止のチャンスになるため、それなりに使える気がします。

 

・上投げ (リフティング後)

このワザから何もつながらなくなってしまったのは本当に嫌な事件でした。

 

とはいってもダメージは結構高く、着地狩りや対空でダブルアップも狙えます。

 

相手のダメージが溜まってないうちは、ジャンプからこの投げをするのがオススメです。

 

・後ろ投げ  (リフティング後)

ステージによっては崖にぶち当てて崖メテオを狙う「ゴリラダンク(ゴリダン)」を狙えます。

 

また、上方向にかなり飛ぶため高%の相手の上バーストに使うことができます。

 

・下投げ (リフティング後)

ダメージも吹っ飛ばしも弱い投げです。

 

復帰が弱い相手キャラを場外に出すにはいいのですが、ドンキー自身の復帰が弱いため自滅には注意。

 

・後ろ投げ ダイレクトスルー

ダメージと吹っ飛ばしが強い投げ。

 

崖を背にして相手をつかんだ時の頼りになるバースト手段です。

 

着地狩りが苦手という方は、この投げで単発火力を優先するのもありだと思います。

 

ドンキーの着地狩りあんまり強くないし・・・

 

・上投げ ココナッツリフト

正直弱いです。

 

どうせ上に投げるなら、リフティングから上投げした方がダメージ的にも展開的にも優れています。

 

上バーストを狙う場合でも、リフティングからのジャンプ後ろ投げの方がよく飛びます。

 

この投げはサドンデスぐらいでしかバーストできないのですが、、、

サドンデスなら後ろ投げやリフティングからの後ろ投げでもバースト可能。

 

本当にいつ使うんだろう・・・

 

・下投げ パイルドロップ

上投げよりさらに弱いと思われます。

 

陸続きになっているステージならともかく、崖のあるステージでは本当に使い道がありません。

 

他のキャラのクセで無意識に下投げを出してしまわないように注意しましょう。

 

・最後の切りふだ

 

前作までのタルコンガからパンチによるラッシュに変更されました。

 

今までが使いづらすぎたため、アイテムありのルールでは強化点だと思います。

 

音ゲーを楽しめなくなったという意味ではリフコン廃止以上のナーフかもしれません。

 

オススメの立ち回り

ドンキーはとにかく上強、下強、空後が優秀なのでこれらを中心に戦うことになります。

 

下強の手の先端や空後の足先を相手に当てていくことで、かなり安全に攻めることができます。

 

一度相手を浮かせたら、上強などで対空してダメージを溜めていきましょう。

そしてダメージを溜めたら、強力なゴリパンや横スマ、投げで一気にバースト!

 

つい破壊力のあるスマッシュをガンガン使いたくなるかもしれませんが、ここ一番で確実に当ててこそ真のゴリラになれます。

 

 

そもそもドンキーは体が重いと言っても、着地狩りされやすく復帰も強くないため、実はそれほど打たれ強いキャラではありません。

 

(どのキャラにも言えるかもしれませんが)

なるべくスキをさらさないように繊細に立ち回る必要があります。

 

能あるゴリラはスマッシュを隠し、ここ一番で見せつけてやりましょう!



Sponsored Link

対策

ドンキーはスピードがあると言ってもあくまでパワーキャラの中で早いだけなので、離れて飛び道具を撃つのは非常に有効です。

 

体が大きいせいで避けたと思っても当たってたりしますし苦笑。

 

 

また、ワザ性能のところでも書きましたがドンキーの上強と下強、空後はかなり強力です。

 

つまりこれらのワザを使えない状況を作ればかなり有利に戦うことができます!

 

具体的にどうするかということですが、とにかく何か攻撃を当ててドンキーを浮かせます。

 

ドンキーは下方向に早く出せるワザがないため着地狩りを拒否しづらく、崖につかまった後の行動も弱く設定されています。

 

着地狩りで浮かせ続けたり場外に飛ばし続けることで、相手の強いワザを出させないようにするのがもっとも効果的な対策と言えます。

 

ほかほか補正込みの横スマやゴリパンは信じられない破壊力なので、ダメージを溜めたからといって油断しないことも重要です。

 

まとめ

ドンキーのリフコンがなくなったのは痛いですが、多くのワザが強化されました。

 

うまく使えばワンチャンスあるキャラだと思います。

 

みんなでゴリラを使ってゴリラマスターになりましょう!



Sponsored Link