今回はスマブラSPの魔人ガノンドロフについて書いていきます。

 

僕の好きなキャラなので、XやWiiUでは結構使っていました。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、かなりの弱キャラでしたね;

 

 

しかし、それは過去の話。

スマブラSPで多くの変更がなされました。

 

そしてその結果、かなりの強化を受けています!

 

ガノンファンもそうでない人も使うしかないですね。

 

それでは前作からの変更点やワザ一覧などを見ていきましょう!

ガノンドロフの概要

本名ガノンドロフ=ドラグマイヤ。

 

ゲルド族の王にして世界の征服をもくろむ魔王様です。

 

魔法が得意で、魔弾を撃ったり幻術を使えるのはもちろん人の精神を乗っ取ることもできます。

 

さらに空間や時空を超える能力まで持っている模様!

 

これにはディアルガとパルキアも真っ青ですね。

 

さらにさらに剣や槍などの武具も自在に使いこなし、馬術や楽器のたしなみもあります。

 

ハイラル王を殺すため、長年に渡って忠義を尽くすフリをして信頼を得たり、リンクを尾行してトライフォースを奪ったりと頭の良さや忍耐力も見られます。

 

(リンクを尾行するガノンドロフを想像するとちょっとかわいいですね)

 

要するに、超ウルトラハイスペックな存在です。

 

 

スマブラシリーズではどうかというと、圧倒的な力を誇るパワータイプ。

 

パワーがものすごい代わりに動きが遅く、復帰も弱いというある意味わかりやすいキャラです。

 

特に初登場のDXでは、体術のみの脳筋キャラでした苦笑。

キャプテン・ファルコンをもとに作られたので仕方ないといえば仕方ないのですが。

 

その後のスマブラXでは、アピールで剣を見せびらかすものの戦闘には使わずネタにされていました。

 

3DS・WiiUではカスタムワザでようやく剣を使えるようになりましたが、ガチ部屋や一般の大会では相変わらず体術のみでした。

 

 

ところがスマブラSPになり、スマッシュがすべて剣を使った攻撃に!

さらに最後の切りふだでも剣を使うようになったこだわり様です。

 

また、全体的に前作より強化されたのでかなり使いやすいキャラになっています。

 

長所/短所

長所

・攻撃力がめちゃくちゃ高い

・判定の強いワザが多い

・突進しながら相手をつかむ横Bがある

・体が重く吹っ飛ばされにくい

 

短所

・動きが遅い

・復帰力が低い

・コンボを受けやすい

 

前作からの主な変更点

ガノンドロフの変更点はかなり多いですが、そのほとんどが強化点です!

 

・動きが全体的に早くなった

 

・弱のカス当たりがなくなった

 

・上強の発生がかなり早くなって後隙も減った

 

・スマッシュすべてが剣を使ったものになった

 

・空中攻撃すべての着地スキが大幅に減少した

 

・空Nの発生が早くなった

 

・空前の攻撃範囲が広くなった

 

・空上の発生が遅くなった

 

・地上横Bを当てた後のガノン側の硬直が少し減った

 

・空中横Bがレバガチャで抜けられるようになった

 

・上Bの威力が上がり、ヒット後の後隙も減った

 

・地上の下Bの終わり際が多段ヒットするようになり、後隙も減った

 

・つかみ範囲が広くなった代わりに少し遅くなった

 

・『時のオカリナ』デザインになり、最後の切りふだも魔獣ガノンから魔王ガノンになった

 

↓空中ワザの着地スキ減少が本当にやばいです笑。

 

ワザ一覧

ガノンドロフは単体で見ると優秀なワザを多く持っています。

 

機動力という弱点があるからこそ、許されている感が大きいです。

 

・弱 雷打

弱の中では珍しい単発ワザ。

 

発生の早いワザが少ないガノンには、このワザを使うタイミングが結構多いです。

 

どこに当たっても本当てになるようになったのは地味にありがたい変更です。

 

他キャラの弱と違い、ガードされた場合に2発目以降を出すか出さないかの読み合いを仕掛けることができないのはマイナスです。

 

・横強 突破蹴

ほぼ真横という凶悪なベクトルでかなり吹っ飛びます。

 

十分強力なのですが、さらに強い下強があるせいで高%か復帰の弱い相手にしか使わない悲しみを背負っています。

 

ガノン以外のキャラからしたらぜひとも欲しいワザなのに・・・

 

・上強 爆裂蹴

爆裂蹴というワザ名ですが、けっているわけではなくかかと落としです。

 

シールドを大きく削るワザはいくつかありますが、このワザは一撃で粉砕できます。

さすガノン。

 

そして前作と比べて、なんと発生が21Fも早くなっています。

(スマブラの1Fは60分の1秒)

 

とはいっても丸々1秒かかるため、相手の崖つかまりのタイミングに合わせて復帰阻止に使うのが無難かもしれません。

 

・下強 掃脚

極悪な強さのキック。

 

威力、リーチ、判定の強さに優れ、その割には発生が早くて後隙が短い壊れ性能をしています。

 

当てた後の展開も良く、直接バーストを狙える破壊力も持っているから恐ろしいです。

 

間違いなくガノンドロフ地上戦の主力ワザ。

 

・横スマッシュ

前作の肘鉄から剣を振り下ろす攻撃に変更。

 

剣を使うためリーチや判定は強化されたものの、発生が遅くなったため良し悪しです。

 

そのぶん威力はとんでもないことになっていて、パワーキャラということを加味しても強烈。

タイマン補正を入れると一撃30%超えという詐欺レベルです。

 

↓横スマ吹っ飛びすぎ笑。

最後のあれ、ワンパターン補正かかっての威力ですからね・・・

 

崖上り攻撃で12.6%入ってるのも地味におかしいです。

 

・上スマッシュ

前方の足元から振り上げて後方へ振り下ろす、アイクのような上スマ。

 

空中回避を読んでの着地狩りや、緊急回避で回り込んでくる相手への圧力としては優秀です。

 

前作までのような上スマ釣りができるほどではないにしても、意外なほど後隙が短いのは評価点だと思います。

 

・下スマッシュ

クラウドの下スマッシュのような性能。

 

自分の後ろ側に吹っ飛ばすため、崖付くに追いやられた状態で真価を発揮します。

 

直接バーストできなくても、復帰阻止を狙えるのでチャンスです。

 

・空N 旋風陣

前作でもかなり強かったのに、さらに強くなってしまった制作スタッフのミスを疑う性能のキック。

 

長いリーチと持続、強い判定、高いダメージ。

さらにスマブラSPのこのワザは発生が早くなり、着地スキも17F→10Fに変更されています。

 

先端ならガードされてもほぼノーリスクどころか、釣りにまで使えるレベル・・・

けん制にも差し込みにも有用です。

 

前作のガノンが弱かったのはわかりますが、このワザは強化しちゃダメだった気がしてなりません;

 

・空前 頭蓋割

前作より攻撃範囲が広くなったため、同じ感覚でいると普通に届きます。

 

そして着地スキは22F→14Fと大きく減少。

 

発生は遅いものの、当たれば他のキャラのスマッシュ並みに吹っ飛ぶ恐怖のワザです。

 

・空後 裏拳

すさまじい性能の空後。

 

発生が早めで後隙も短いクセして空前より吹っ飛ぶという、もはや意味不明のワザ。

 

着地スキが19F→11Fに減少したのも大きいです。

ガノンドロフの機動力じゃなかったら間違いなく許されなかったでしょう。

 

立ち回りで強い空Nとバーストに便利な空後。

きっちり使い分けるとスマートです。

 

・空上 後転脚

さすがに前作で強すぎたせいか、発生が少し遅くなってしまいました。

が、まだまだ強いです。

 

攻撃範囲や判定が優秀なため、浮かせてからの対空として役立つほか復帰阻止としても強力です。

 

着地スキは19F→11Fに変更。

 

・空下 落雷蹴

とんでもない威力のメテオ。

当てるのは簡単ではないものの、崖外で当たればほぼバースト確定という吹っ飛ばし力です。

 

空中回避を読むなどしてなんとか当てていきたいところ。

 

腰に当たると横に飛ぶのですが、こちらもかなりの破壊力です。

 

また、モーションが変わって前作よりもかっこよくなったのは何より大きな強化点だと思います!

 

当然のように26F→16Fの着地スキ減少。

 

・ダッシュ攻撃 剛肩

動きの早くないガノンドロフにとって地上戦の生命線となるワザ。

 

当たるといい感じに浮くため、空上などへのコンボや対空を狙えます。

 

・NB 魔人拳

ガノンドロフのパワーを象徴する裏拳。

 

シールドを割るかアイテムなどを利用しないとまず当てることができないロマン砲です。

 

しかし当たりさえすれば、最後の切りふだを超えるほどの破壊力があります!

 

発動後にスティックを背中側に入れたり、空中で出すとさらに威力が上がります。

 

その威力は、軽量級の相手ならダメージ0%でも一撃で粉砕するほど。

 

 

力を溜めている間はスーパーアーマーがあるのですが・・・

それを加味してもまず当たりません苦笑。

 

うまく当てる方法があったら教えてください。

切実に。

 

・横B 炎獄握

移動しながらのつかみという全キャラで見ても希少なワザ。

 

ガノンドロフの強烈な打撃にビビッてシールドを張った相手を、地面に叩きつけます。

 

地上ヒット後はガノン側が先に動けるため、追撃や起き攻めを狙えます。

 

 

空中ヒットは追撃こそ難しいものの、崖外で当たれば道連れも狙える恐怖の一撃。

 

ただし前作までと違い、空中ヒットのみレバガチャで抜けることができるようになったため安心はできません。

 

・上B 雷神掌

前半はつかみ判定、後半は打撃判定です。

 

前作よりつかみ部分の威力が上がり、ヒット後の硬直も減って復帰阻止されにくくなりました。

 

ガノンは投げでのバーストが狙いづらいので、高%でシールドを固める相手は横Bか上Bで崩すのがオススメ。

 

・下B 烈鬼脚

意表をついての不意打ちや、離れた位置でスキをさらした相手への確反として結構使えます。

 

後隙が短くなったほか、終わり際が多段ヒットするように強化されています。

 

空中で出した場合は強烈なメテオ。

シールドを大きく削る効果もあります。

 

一瞬その場で止まってからキックするため、相手の着地狩りのタイミングをずらすことも可能です。

 

そしてやたらと吹っ飛ぶので、返り討ちでバーストできることもあります。



Sponsored Link

・前投げ 剛突

ガノンの投げの中でもダメージが高い方です。

 

ある程度ダメージの溜まって下投げからのコンボが入らなくなった相手や、崖付近にいる相手にはこれ。

 

・後ろ投げ 衝脚

ガノンの投げの中では吹っ飛ぶためバーストを狙うことができます。

 

とはいっても打撃ワザと比べると全然飛ばない関係上、かなりダメージを溜める必要があります。

 

本当に困ったとき以外、ガノンの投げバーストは考えない方がよさそうです。

 

・上投げ 顎砕

正直あまり使う機会のない投げ。

 

着地狩りは狙えますが、他の投げでいい感がすごいです。

着地狩りに自信がある場合や、空中戦が苦手なキャラ相手に使えなくはないと思います。

 

・下投げ 地割落

相手キャラやベクトル変更によるものの、低%の相手には空Nや空上へのコンボを狙うことができます。

 

直接つながらなくても有利状況を作れるため、ダメージの溜まっていない相手には下投げをしましょう。

 

・最後の切りふだ 魔王ガノン

 

スマブラSPのガノンドロフは『時のオカリナ』を基調にしているため、それに合わせた最後の切りふだに変わりました。

 

最初は突進しているだけに見えて

「剣使えよ!」

とツッコミましたが、突進の前に剣でひるませていたんですね。

 

SPのガノンはとにかく剣を使います!

オススメの立ち回り

ガノンドロフはどのワザも判定が強く、パワーにも文句のつけようがありません。

 

問題はいかに相手に近づくかです。

背が高いため攻撃に引っかかりやすく、動きも遅いため簡単ではありません・・・

 

シールドを固めてジリジリ迫っていくか、タイミングを読んで緊急回避で一気に近づくぐらいしかないと思います。

 

 

しかし近づいてさえしまえばこちらのもの。

 

使いやすいダッシュ攻撃や下強で浮かせ、優秀な空中攻撃で対空してダメージを溜めていきましょう。

空Nや空後で壁を作るのも有効です。

 

単発火力がハンパではないため、数発当てるだけでバースト圏内に入ります。

 

そしてある程度ダメージを入れたら、凶悪な威力のスマッシュや空後で一気に粉砕!

 

警戒してシールドを固める相手は、つかみや横B、上Bで崩しましょう。

 

 

前作と比べて機動力が強化されているので、ある程度は接近しやすくなりました。

ほぼ全キャラ共通の変更とはいえ、前方への緊急回避が早くなっているのもポイントです。

 

また、ワザ性能が底上げされたため、接近してからの立ち回りも強くなっています。

 

なんとか相手をガノンの攻撃範囲に入れ、圧倒的パワーで叩き潰しましょう。

対策

ガノンドロフはとんでもないレベルのパワーを持っているので、接近戦はとにかく危険です。

 

飛び道具を持っているキャラはガノンから離れて撃ちまくり、相手が焦って接近してきたところを迎撃するのが楽だと思います。

 

 

いくらガノンのリーチが長いといっても、スマッシュ以外のリーチは剣ほど長くありません。

 

マルスやアイクなどの剣士キャラなら、ガノンドロフの攻撃範囲外からワザを振ることで有利に立ち回れます。

ガノンドロフの剣攻撃はすべて発生が遅いですし。

 

 

テクニックのいる対策ではありますが、ガノンと一定の距離を保ちながらシールドを駆使する方法もあります。

 

ガノンがダッシュ攻撃や下Bでつっこんできたらガードしてから反撃。

 

ダッシュつかみや横Bは発生が遅いので、見てから避けて反撃。

 

そのほかのガノンのワザは届かないので警戒しなくてOK、といった具合です。

 

どれぐらいの距離を維持するかは自分のキャラや反射神経にもよりますが、ガノンの横Bが届くか届かないかぐらいがオススメかなと思います。

 

 

また、ガノンドロフの空中ワザはすべて着地スキが大幅に減っているので、前作と同じように反撃しようとすると防がれて手痛い攻撃を受けます。

 

今までの感覚を捨てるというのも、れっきとした対策です!

 

まとめ

リンク、ゼルダ、ガノンドロフはデザインが大きく変更されたこともあり、使用者が多くなるんじゃないかと思います!

 

使いこなすためにも対策するためにも、しっかりガノンのことを把握しましょう。



Sponsored Link