今回はアイクについて書いていきます。

 

彼はスマブラSPでかなり強化され、今のところ強キャラと評価されています!

 

アイク自体の人気もあって使用する人が増えると思うので、自分が使わない場合でもしっかり性能を把握しておく必要があります。

 

それではアイクのワザ性能や立ち回りについて詳しく見ていきましょう。

 

アイクの概要

アイクは『蒼炎の軌跡』で初登場した、ファイアーエムブレム(FE)シリーズ唯一の平民出身主人公です。

 

不利な相手の多い剣しか持てない、移動距離が短い、クラスチェンジが遅いといった大きな弱点をいくつも背負っています。

 

が、高いステータスと強力な専用武器「ラグネル」、スキル「天空」の強さもあってエースキャラになっています。

 

最初はまっすぐな性格すぎて周囲に迷惑をかけることがあったものの、未熟さを認めて徐々に成長していきます。

(男キャラとの特殊エンディングしかないことや女キャラとのフラグをことごとくへし折ることからあらぬ疑いをかけられることも)

 

 

そして続編の『暁の女神』では、もはや弱点のない万能ゴリラ。

 

『暁の女神』の主人公たちとかけ離れた性能で敵をけちらしていきます。

人間性も大きく成長。

 

 

スマブラではどうかというと、剣を振り回す豪快なパワーキャラ。

 

その代わりにスピードはイマイチです。

 

 

・・・というのは過去の話。

今までの弱点だった移動速度が上昇、全体的にワザの発生が早くなってスキも減り、パワーとある程度のスピードを兼ねそろえる強いキャラになりました。

 

前作のWiiUではアイクはクラウドの下位互換とも言われましたが、スマブラSPでは力関係が逆転しています。

 

アイクを使う人が増えると思うので、対策もしっかり練習していきましょう!

 

長所/短所

長所

・一撃の威力が高い

・剣攻撃のリーチが長く、判定も強い

・投げからのコンボがある

・カウンターがある

 

短所

・移動速度がやや遅い

・復帰阻止されやすい

・背が高くて攻撃に引っかかりやすい

 

前作からの主な変更点

・『蒼炎の軌跡』デザインのアイクと

『暁の女神』デザインのアイクを選べる

 

・(ゲーム全体の変更でもあるが)移動速度があがった

 

・上強の後隙が大きく減った

 

・空中ワザすべての着地スキが大幅に減少した

 

・空Nの判定が広くなり、発生も早くなったが威力は減少

 

・空前の発生が早くなったが威力は減少

 

・空上のモーションが変わり、攻撃範囲、威力、発生が強化された

 

・NBの噴火を最大まで溜めると火柱が出るようになった

また、溜めに必要な時間が少し短くなった

 

・上Bの発生が早くなった



Sponsored Link

ワザ一覧

剣を持っているのでリーチと判定は最強クラス。

威力の下がったワザはあるものの、まだまだパワーは顕在です。

 

そしてワザ名がまぎらわしすぎる・・・

 

・弱 殴打→蹴り上げ→振り下ろし

アイク最速発生のワザのため、相手と密着した状態で頼りになります。

 

剣を使っていないにも関わらず、やけに判定が強く設定されています。

さすがゴリラ。

 

ダメージが少し下がったのは痛いものの、空中ワザの直後に弱を出すことで後隙をごまかすことができます。

 

・横強 振り抜き

他キャラの横スマッシュと横強の中間のような性能です。

 

バーストが狙える威力ですが、下強や空後が優秀なせいであまり使いどころがない気もします。

 

・上強 叩き上げ

ちょっと面白い見た目はさておき、強攻撃とは思えないすさまじい威力です。

 

前作ではハイリスクハイリターンなワザだったのですが、スマブラSPでは後隙が大きく減少。

 

適当に振れる程ではないものの、威力を考えると十分な性能です。

 

・下強 斬り払い

かなり強いです。

 

発生が早い割にリーチが長く、いい感じに浮くため追撃も狙えます。

 

アイクの地上戦を支えるいろいろと優秀なワザ。

 

・横スマッシュ 叩き割り

とんでもなく発生が遅い代わりにとんでもない威力を誇ります。

 

相手の回避を読むなどして、何とか当てたいところですね。

 

とはいってもアイクはバースト手段が豊富なので、無理に狙う必要があるかは怪しいです。

 

・上スマッシュ 叩き下ろし

空上が強化されすぎたため、使いどころが減ってしまいました。

 

それでも、異常なほどの吹っ飛ばし力はこのワザの大きな魅力です。

 

空中回避や緊急回避をされても当たるほど攻撃範囲が広く、読んで当てれば一気にバーストできることも。

 

・下スマッシュ 振り払い

アイクの中で最速のスマッシュ攻撃です。

それでもあまり早くないけど・・・

 

吹っ飛ばしの割にダメージが大きく、回避読みで出すワザとしては強力です。

 

・空N 振り回し

攻撃範囲がかなり広い、アイクの立ち回りの基本となるワザです。

 

前作でもなかなか強かったのですが、発生が早くなってさらに攻撃範囲が増加。

 

そして着地スキが14F→8Fに変更ということで非常に使いやすいワザになりました。

 

その反動で威力が下がってしまったので、適当に振りまくるとダメージレースで負けてしまうというアイクらしからぬ性能をしています。

 

このワザで壁を作りながら相手を崖に追い込んで、有利状況を作っていきましょう。

 

・空前 斬り下ろし

円形に攻撃できる空Nと前方のみだが威力のある空前。

 

前作まではそうだったのですが、背中側にも判定が広くなった闇の深いワザと言えます。

 

発生が早くなって着地スキが18F→14Fになった反面、威力が下がったのは少し痛いですね。

 

それでも優秀なワザで、これで壁を作ってるだけで十分強いレベル。

 

・空後 振り向き斬り

高性能な空後です。

 

発生が早い割にかなり吹っ飛ぶため、立ち回りからバーストまであらゆる場面で頼りになります!

 

着地スキが19F→11Fになったので、着地際に出すとローリスクなのもポイント。

 

・空上 ワザ名不明

剣を回すタケコプターから、他のFEキャラのように半月状に斬り払う攻撃に変更されました。

 

それにより攻撃範囲がかなり広がり、着地狩りや対空にも使いやすい便利なワザになりました。

そのうえで発生が早くなり、吹っ飛ばしが強くなってバースト力もアップ。

 

持続が短くなった以外はものすごい強化を受けています。

 

その結果とんでもない性能になり、アイクの立ち回りやバースト力を支える主力ワザの1つになっています。

 

着地スキも15F→9Fに減り、空中回避で避けられても回避の後隙を狩れるほどです。

 

・空下 叩き落とし

剣の先端が当たると強烈なメテオになります。

相手の着地狩りを読んで出せば、返り討ちを狙うことも可能です。

 

ただしどのメテオワザにも言えることですが、ハイリスクハイリターンなのでうかつに使うと負けにつながります。

 

着地スキは23F→14Fに変更されています。

・ダッシュ攻撃 斬り上げ

ダッシュ攻撃にしてバーストに使える威力。

 

リーチや判定が非常に優秀で、強力な着地狩りとして機能します。

 

その代わり発生が遅く、アイクの脚が速くないのも相まって反撃としては使いにくいのが欠点です。

 

・NB 噴火

溜めると火柱が出るようになり、より噴火らしくなりました。

 

最大溜めすると火柱が3つ出るため攻撃範囲はバツグン。

崖につかまろうとする相手への復帰阻止として便利です。

 

逆に、立ち回りではまったくと言っていいほど出番がありません。

 

・横B 居合斬り

突進の途中で相手に近づくと斬りつけるのですが、斬りつけなければほとんどスキがありません。

 

そのため、移動ワザとして使う方が強い気がしてならないです・・・

 

上Bより復帰距離が長いため、このワザでステージに乗るか崖につかまるかの二択が復帰の基本です。

 

溜めながら相手の動きを見つつ突進する高度を決めることで、できるだけ安全に復帰しましょう。

 

着地位置をズラすことによる着地狩りの拒否にも使えます。

 

・上B 天空

剣を投げてからキャッチする辺りまでスーパーアーマーがついています。

 

といってもキャッチ後は上に攻撃判定が出ないため、真上からメテオされると普通に叩き落されます。

 

横Bと使い分けたり、出すタイミングを考えてなんとか復帰したいところ。

 

なお正しい発音は「天↑空↓」らしく、「ピングー」やポケモンの「エンテイ」に近いです。

 

・下B カウンター

カウンターの中では発生が遅く、威力は高いものの使いづらい設定をされています。

 

そのためか他キャラのカウンターに比べて警戒されないことが多く、油断している相手に刺さります。

 

これか横Bで相手の着地狩りを拒否していきたいですが、読まれるとスキが大きいので注意が必要です。

 

・つかみ

多くのキャラの投げコンが廃止された中、アイクのコンボは顕在です。

 

つかみの後隙は大きくなったものの、当たればリターンは保証されています。

 

・前投げ 蹴り

吹っ飛ばしは弱い代わりに、ベクトルが低く設定されています。

 

崖近くで相手をつかみ、とりあえずステージ外に出したいときはこの投げを使いましょう。

 

以前「アイクで剣を使わない縛り」をやっていた友人が、やたらと使っていた投げでもあります。

 

・後ろ投げ 後ろ蹴り

前投げの後ろバージョン。

 

こちらも、相手をステージ外に出す場合に使いましょう。

 

・上投げ 突き上げ

このワザから空前や空上、上Bなどのコンボがつながります。

 

投げから高火力が狙えるのは、マルスやルキナにはない長所です。

 

相手のダメージが高くなってコンボがつながらなくなるまでは、基本的にこの投げがオススメです。

 

・下投げ 膝蹴り

アイクの投げの中で一番強い吹っ飛ばし力を持ちます。

 

サドンデスを含め、ダメージの高い相手には下投げをしましょう。

 

低%の相手に対してはこの投げからもコンボがつながる模様です。

 

・最後の切り札 大天空

連続攻撃から地面に叩きつけて吹き飛ばす、スマブラオリジナルワザ。

 

剣による攻撃だけでなく打撃も混ざっており、アイクのゴリラ具合を表しています。

 

だぁいてぇんくぅう!!!

 



Sponsored Link

オススメの立ち回り

アイクの立ち回りでの長所は、長いリーチと強い判定です。

 

空Nや空前、下強などで壁を作りながら相手をジリジリとステージ端に追い詰めていきましょう。

 

前作より動きが早くなったとはいってもスピードキャラとは言えないため、適当に飛び込むのは厳禁です。

 

そういうわけで、基本的に以下の3つを使い分けると強いです。

 

①ガードされても反撃をもらわないように、アイクの剣の先端がギリギリ相手に届く距離でワザを振る。

 

②そのままでは届かないけど、相手が接近して来たら当たる位置にワザを置いておく。

 

③ワザを出さずに様子見し、相手の行動を見てから対応する。

 

 

そして一度相手を相手を浮かせたら、空上やダッシュ攻撃で着地狩りしてダメージを溜めていきましょう!

 

↓立ち回りの参考というかお手本

どのワザも威力高すぎでしょ笑。

 

逆に自分が浮かされた場合は、横Bや下Bで着地狩りを拒否するのも大事です。

 

アイクはバーストに使えるワザをいくつも持っていますが、空後は吹っ飛ばしが強く、スキも少ないため特にオススメです。

 

アイク対策

アイクはリーチや判定に優れていながらかなりのパワーを持つキャラです。

むやみに攻めると強判定で一方的に潰され、重い一撃でバーストまで持っていかれます。

 

飛び道具を持つキャラはアイク側に攻めさせることができるので、立ち回りやすいです。

 

また、スピードキャラはアイクの空Nや空前の後隙を狙えるため、安易な置きワザを抑制できます。

 

 

逆に飛び道具もスピードもないキャラは本当に厳しいです;

 

アイクはパワーキャラのためごり押しが通用しません。

 

緊急回避で一気に近づこうとしても、驚異の攻撃範囲に引っかかります。

 

シールドを駆使してなんとか近づくぐらいしかないので、正直アイクに鈍足キャラは当てない方がいいかも・・・

なんといっても強キャラですし苦笑。

 

ひとまず、アイクの投げは他のワザほど吹っ飛ばしが強くないので、シールドも上手に利用して早期撃墜だけは避けていきたいところです。

 

 

一応、アイクの上Bの天空は頂点を攻めれば復帰阻止ができます。

 

しかしちょっとでも位置がズレると巻き込まれ、最悪メテオになってバーストされるのでかなり丁寧に狙う必要があります。

 

不利なキャラの場合は無理にでも復帰阻止を決めて一気にバーストするのが一番な気がしますが・・・

そうでない場合は、崖から上がるところを攻める方が有効かもしれません。

 

まとめ

アイクはパワーに優れる剣士キャラで、以前よりスピードがかなり強化されています。

 

使いこなすとかっこいいので華麗に戦っていきましょう!

 

そして『蒼炎の軌跡』が面白かったので、みなさんぜひやりましょう!



Sponsored Link