今回はリトル・マック について書いていきます!

 

マックはどのキャラよりもとがった性能をしているので、使うときはもちろん、相手するときも知っていないとおそろしいことになります。

 

それでは、マックについて詳しく見ていきましょう!

目次

リトル・マックの概要

「パンチアウト!!」シリーズの主人公。

アメリカ出身の17歳の白人ボクサーです。

 

背が低い、体が小さいことから「リトル」マックと言われていますが、本人の身長は172cm(体重は48kg)。

パンチアウト!!の世界には階級というものがないため、出てくるキャラが軒並み大きすぎるだけです。

とはいえ、その体格差をひっくり返して勝っていくのがパンチアウト!!の面白さの1つと言えます。

 

 

スマブラでのマックはどうかというと・・・

 

地上は最強クラス!空中は最弱クラス!というわかりやすい性能をしています。

攻めている間は強いのですが、復帰を含めた空中性能がとにかく低いので攻められた終わりです。

 

マック、リトマ、トルマクなどの略し方があります。

某ハンバーガーショップの略し方がいろいろあるみたいな感じでしょう。

このページでは僕がそう呼んでいるので「マック」に統一にします。

 

長所/短所

長所

・地上での移動がはやい

・地上ワザの性能がどれもすさまじく、相殺判定もない

・各種スマッシュにスーパーアーマーがついている

超威力のK.O.アッパーカットを持つ

・カウンターワザを持っている

 

短所

・空中ワザの性能が異常に低い

・復帰力が低い

・体重が軽く吹っ飛びやすい

 

前作からの主な変更点

・弱の派生がAボタン長押しで百裂に、連打で弱攻撃3発に派生

→Aボタン長押しで弱3発、連打で百裂に派生するようになった

 

・上強のダメージが下がった

 

・空中ワザの着地スキ変更

空N:16Fのまま変更なし

空前:22F→13F

空後:26F→16F

空上:22F→13F

空下:現在調査中です

 

・つかみの後隙が増えた代わりにリーチが伸びた

 

・NBの溜めをシールドで解除できるようになった

また、突進の直前に反転することが可能になった

 

・地上横Bの距離が大きく減少し、空中横Bの距離が大きく伸びた

横B使用後も尻もちにならなくなったが、着地するまでは攻撃を受けても復活しなくなった

 

・K.O.ゲージが満タンになってから15秒経つとゲージが0になるようになった

 

・最後の切りふだが変身からラッシュによる攻撃になった

 

K.O.ゲージについて

リトルマックはK.Oゲージを持っています。

ゲージを溜める方法は以下の2つです。

・マックがダメージを受ける

・相手キャラにダメージを与える

 

K.O.ゲージが満タンになるとゴングが鳴ります。

ゲージ満タンの状態だと、NBが気合ストレートからK.O.アッパーカットに変化します。

 

ゲージが満タンになった状態で以下のどれかの条件を満たすとゲージが0になります。

・K.O.アッパーカットを打つ

・ゲージが溜まり切ってから15秒経過する

・ゲージが溜まり切ってから一定時間経過後にマックが吹っ飛ばされる

 

K.O.アッパーカットを当てるのは簡単ではありませんが、一発逆転を狙うことができます!

不利な状況でもあきらめずに戦っていきましょう!

ワザ一覧

マックの地上ワザは最強といってよく、空中ワザは間違いなく最弱でしょう。

また、マックの地上ワザには基本的に相殺判定がないので、相手と攻撃がぶつかった場合はほぼ一方的に勝てます。

 

・弱 左ジャブ→右フック→左アッパーカット

スマブラSP最速をほこる驚異の発生1F。

ダメージも高め。

相手と密着したら、確実に当ててダメージを溜めましょう!

 

例え相手キャラが弱攻撃を出していたとしても、発生勝ちを狙うことができます。

また、マックの弱には相殺判定がないので、弱同士をぶつけあった場合マックの弱だけが消えずにヒットします。

 

ちなみに1Fのジャブというのは実在するプロボクサーの4~5倍の速度です。

 

・弱(百裂) ラッシュ

Aボタンを長押しで上記の左アッパーカット、Aボタン連打でラッシュに派生します。

こちらの方が密着した状態では大きなダメージが入ります。

 

しかし百裂攻撃の宿命として途中で抜けられることがある点には注意。

 

・横強 ワン・ツーパンチ

かなりの発生速度を持ち、踏み込むためリーチもなかなか。

吹っ飛ばし力も結構ある単純ながら強力な攻撃です!

 

後隙がそれなりにあるため、むやみに振るのは厳禁です。

 

・上強 アンチエアナックル

見た目は地味ながらすさまじい性能を持つ対空パンチ。

発生の早さ・後隙・判定の強さがどれも優秀です!

低%の相手にはお手玉コンボもできます。

緊急回避狩りも可能!

 

さすがに強かったため前作よりダメージが下げられましたが、まだまだ現役です。

密着した状態でガードされると反撃を受けるため、間合いには気を付けましょう。

 

・下強 レッグブロー

ボクシングのルールでは反則ですが、スマブラではスキの少ない超優秀なワザです。

先端をうまく当てられるようにリーチを把握しておきましょう!

 

スマブラSPでは前作より少し外側に飛ぶようになったので、このワザからのコンボは難しくなっています。

 

 

※マックのスマッシュについて

マックのすべてのスマッシュ攻撃には、発生前にスーパーアーマーがついています。

ダメージを受けるとはいえ、マックのスマッシュは威力が高く、ダメージを受けたとしてもおつりが来ます。

 

・横スマッシュ(シフトなし) スマッシュストレート

超強い。

設定ミスかと思うぐらいダメージも吹っ飛ばし力も強力です。

リーチも充分!

特に先端が強力なので、狙って当てていきましょう。

 

・横スマッシュ(上シフト) スマッシュアッパーカット

これも超強い。

シフトなしに比べて横方向には少し短くなるものの、上方向にはなかなかのリーチを持ちます。

 

・横スマッシュ(下シフト) スマッシュボディフック

これもこれも超強い。

シフトなし・上シフトと違って吹っ飛ばないため弱く見えるかもしれませんが、ダメージ量が異常です。

ダメージが大きいということでシールドブレイクも狙えます。

 

・上スマッシュ ダイナマイトアッパーカット

密着して当てると威力があがり、炎属性がつきます。

先端でも威力は十分あるため。着地狩りや対空ワザとしても優秀です。

スーパーアーマーと判定の強さのおかげで暴れに強いのもポイント。

 

緊急回避方向を読んでの上スマバーストが決まるとかっこいいです!

 

・下スマッシュ スイングパンチ

横スマや上スマに比べて威力が劣るとはいえ、発生の早さやリーチの長さ、ベクトルの低さなど優秀な要素もりだくさんのワザ。

その威力でさえも他キャラと比べれば低いわけではありません。

初心者相手であれば、このワザを振っていれば勝ててしまうほど・・・

 

当然アーマーもついているため、復帰阻止を狙うには最適です。

 

・空N 苦手ジャブ

発生がすさまじく早く後隙も短いものの、それ以外は残念な性能。

暴れに使おうと思えば使えなくもないですが・・・

 

・空前 苦手アッパーカット

リーチが短く、判定の強さもイマイチです。

一応ベクトルは低いため、どうせ復帰阻止に来ないだろうと油断している相手には刺さる。こともあります。

 

・空後 苦手バックナックル

マックの空中Aワザの中ではダメージ最大!

といってもお察しの威力で、使わない方が無難だと思います。

 

ちなみに、ボクシングでバックナックルは反則です。

 

・空上 苦手ジャンピングパンチ

マックの空中ワザの中でも特に弱い気がします・・・

相手を浮かせたあとは、すなおに上強や上スマで着地狩りを狙いましょう。

 

・空下 苦手オープンブロー

一応先端にメテオ判定があります。

マックの復帰阻止を警戒していない相手に当たることはありますが、復帰の弱いキャラでもない限りは普通に復帰されてしまう程度の吹っ飛ばしです。

 

なお、オープンブローもボクシングでは反則です。

 

・ダッシュ攻撃 ハンマーパンチ

マックの足の速さもあって相手のちょっとしたスキを突くことができます。

判定が強いため、遠くにいる相手への着地狩りにも!

・NB 気合ストレート

Bボタンを押すとパワーを溜めはじめ、もう一度ボタンを押すか一定時間たつと突進しながらのストレートを繰り出します。

パワーを溜めている間はアーマーがつきますが、スキが大きいせいでシールドの割れた相手にしかあまり使わないかも・・・

 

SPから地上で溜め始めた場合はシールドでキャンセルできるようになり、スティックを背中側に入れておくことで背中側に突進することもできるようになっています。

 

・NB(K.O.ゲージMAX時) K.O.アッパーカット

とんでもない威力を持つリトルマックの代名詞。

その破壊力は最後の切りふだにも匹敵し、20~30%の相手をバーストできます!

 

発生は9Fと威力の割に早く、しかもシールドやカウンターワザを貫通して直撃します!

ワザの出始めまでスーパーアーマーもあるオマケつき。

どれだけダメージで負けていても、このワザで大逆転を狙うことができます!

 

ただしこの性能は地上で放った場合。

空中で出すとダメージや吹っ飛ばし力が大きく落ちるうえ、シールドで防がれるようになります。

 

SPでは前作からモーションが変更され、横方向へのリーチが少し短くなった代わりに上への攻撃範囲がかなり伸びています。

 

・横B ジョルトブロー

横Bを押すと横方向にジャンプし、一定時間たつかもう1度ボタンを押すとパンチを繰り出します。

前作と比べて大きく変更されたワザの1つ。

 

SPでは尻もち落下にならなくなったため、崖側に飛び込んでも復帰できるようになりました。

また、前作では空中ジャンプ→横Bもしくは空中ジャンプ→上Bの復帰しかできませんでしたが、今作では横B→空中ジャンプ→上Bという復帰が可能になっています!

 

空中横Bの距離が長くなっているのもポイント。

ただしこのワザは着地までに一度しか使えず、相手の攻撃を受けても復活しません。

 

その他の変更点として、地上横Bの距離が大幅に短くなっているので注意が必要です。

 

・上B ライジングアッパーカット

復帰ワザとしては上昇量がイマイチで、横移動はほぼできないため弱い部類です。

それでも使わないわけにはいかないのですが・・・

 

その代わり地上ではリーチが長く、発生の早いバーストワザとして役立ちます。

発生直後に無敵もあり、暴れや割り込みとしては使いやすいと思います。

 

・下B スリッピングカウンター

構えているところに攻撃を受けると、無効化して反撃します。

 

空中性能がサッパリで復帰阻止や着地狩りに弱いマックにとって生命線ともなりうるワザです。

カウンターの威力は相手のワザのダメージに比例するので、強力なワザを返すことができれば絶大な破壊力を生み出します。

 

読まれるとスキだらけな点と、つかみに無力な点には要注意です。

 

・前投げ ヘッドブロー

決して強くはない投げ。

とりあえず崖外に出す場合に。

 

・後ろ投げ ターニングアッパーカット

それなりに吹っ飛ぶためどうしてもバーストに困った場合に。

 

・上投げ ショートアッパーカット

ダメージが低く、あまり使わない方がいいと思います。

上にかちあげて対空や着地狩りを狙うにしても下投げでいい気が・・・

 

・下投げ ハンマーナックル

前作からベクトルが変更され、上Bなどへのコンボがしやすくなりました!

つかみ範囲が広くなったのもうれしいところです。

 

・最後の切りふだ ギガマックによるラッシュ?

5:17~マックの最後の切りふだ

 

ギガマックに変身し、強烈なラッシュを叩き込みます。

マックの1つ前のドンキーコングにそっくり・・・?

 



Sponsored Link

オススメの立ち回り

マックは地上が強くて空中が弱いため、とにかく地上を中心に戦うのがオススメです。

弱・上強・下強を中心に戦い、相手がスキを見せたら横強やダッシュ攻撃、横Bで反撃していきます。

 

一度相手を浮かせたら、上強や上スマで着地狩りをしてダメージを溜めましょう!

 

ついつい強力な横スマを連発したくなるかもしれませんが・・・

ワンパターンがかかっていざというときにバーストできなかった!では悲しくなります。

ワンパターン相殺(OP)についてはこちら

 

また、マックは復帰が弱くて打たれ弱いので、スキの大きいスマッシュを振り回していては簡単に負けてしまいます。

 

マックは強力なスマッシュ攻撃を持っていますが、実は弱や強攻撃で丁寧に立ち回るキャラだというのは意識しておくといいと思います!

 

浮かされた場合は非常に厳しいですが、空中回避や横Bでの軌道変更、下Bのカウンターを駆使してなんとかして着地します;

 

 

ダメージで大きくリードされてしまっても、マックにはすさまじい威力のK.O.アッパーカットがあります。

最後の一瞬まであきらめなければ、きっと彼は応えてくれることでしょう!

 

マック対策

マックは地上の接近戦では無類の強さを誇ります。

まともに殴り合ってもまず勝てません。

 

ではどうするかという話ですが・・・

 

飛び道具や長い武器を持っているキャラは、マックの攻撃範囲外からけん制を仕掛けることができます。

そうすることでマックの得意な接近戦に持ち込むのを阻止しましょう!

 

また、地上が得意なキャラが相手ということは、地上にいさせなければいいわけです。

一度浮かせたら確実に着地狩りをし、地上に下ろさないように一気にダメージを溜めてしまいましょう。

 

 

K.O.ゲージが溜まったマックはとにかく危険です!

人間には反応できないスピードでとんでもない威力の攻撃が飛んできます。

真っ向から立ち向かうのはあまりにも割に合いません。

 

スマブラSPからK.O.ゲージが15秒で消えるようになったので、台があるステージなら台に逃げるのが無難です。

 

マック相手に崖に逃げるのは不利になりますが、それでもむやみに着地してKOされるよりはマシです。

 

 

K.O.の対処の話でも少し書きましたが、マックがもっとも苦手としているのは、強いキャラでも飛び道具でもなく、高低差のあるステージです。

 

台の多いステージでは地上戦を仕掛けにくいですし、高いところに逃げられるとマック側からは手が出せません。

入り組んだステージを選んでマックを出させないというのが一番の対策かも?

 

まとめ

今回はリトル・マックについてまとめました。

 

ハイパワー・ハイスピードを持つキャラなので、勝つときはすごい爽快感があります!

そして1試合が短い笑。

 

みんなでマックを使い、K.O.アッパーカットで一発逆転しまくりましょう!



Sponsored Link