今回はガオガエンについて書いていきます!

 

非常に人気のあるポケモンということですが、スマブラでの性能はどうなっているのでしょうか。

 

それでは見ていきましょう!

ガオガエンの概要

ヒールポケモン。

高さ1.8m、重さ83.0kg。

『ポケットモンスター サン・ムーン』で最初に博士からもらえるポケモン、ニャビーの最終進化形。

 

闘争心が非常に強く、相手のポケモンが強かったり、ギャラリーが盛り上がっていると力を発揮します!

子供や弱っているポケモンには優しく、あくまでヒール(プロレスでの悪役)であって悪いポケモンではないみたいです。

 

 

アニメではニャビーがサトシの手持ちに入っていて、2018年11月現在ではニャヒート。

ガオガエンになる日も近そうです。

 

2017年のポケモン映画『キミにきめた!』にも、サトシのライバルであるクロスの手持ちとして出演しています。

 

 

ゲーム版ではこうげきが高く、すばやさが少し低いことを除けばバランスのよいステータスを持っています。

対戦でも特別強いポケモンというわけではなかったのですが・・・

 

隠れ特性の「いかく」を手にしたことで豹変

もともと「ねこだまし」「バークアウト」「とんぼがえり」「よこどり」「じならし」といったダブルバトルでは強力なワザを使えることもあり、一気に強ポケモン入りを果たしました。

 

なんとダブルバトルのレート戦で使用率1位となり、世界大会でもかなり多くの方が採用していました。

 

さまざまな方面での人気もあり、スマブラ参戦が決まったのでしょう。

ガオガエンの評価

ガオガエンは全体的に機動力がイマイチですが、攻撃力は高めに設定されています。

特に投げワザに関しては威力が優秀で、見た目もかっこよくなっています!

 

また、成功すると次に使うワザの威力が上がるカウンターの「リベンジ」を持ちます。

 

総合的な評価はBランク。

ワザは強力ですが、スピードキャラが強くなりやすいスマブラにおいては中堅ぐらいだとする声が多いようです。

全キャラクターのキャラランクはこちら!

 

リベンジを決めることができれば早期バーストも可能なので、かっこよく戦って劇的勝利を飾りましょう!

長所/短所

長所

・体が重く、吹っ飛ばされにくい

後ろ投げの吹っ飛ばし力が強い

・移動つかみワザの横Bを持つ

他にない性能のカウンターワザを持つ

・単発火力が高い

 

短所

・地上、空中ともに機動力が低め

・復帰が弱い

・水に浸かっていると少しずつダメージを受ける(ほとんどのステージでは影響ないですが)



Sponsored Link

リベンジの仕様について


ガオガエンの下Bはカウンターワザ「リベンジ」というワザです。

 

構えている最中で相手の攻撃を受けると、ダメージを1/3ほどに抑え、おたけびをあげて周囲に3%ほどのダメージを与えます。

 

カウンターに成功するとガオガエンが赤く光るエフェクトが出て、ワザダメージが強化されます。

倍率は、おおよそ(1+受けたダメージ×0.1倍)だと思われます。

ダメージが増したぶん、吹っ飛ばし力もある程度アップします。

 

リベンジ状態は以下の条件で解除されます。

・相手に攻撃をヒットさせる(ガードされた場合も含む)

・一定時間経過する

・一定以上のダメージを受ける

・ガオガエンがバーストされる

 

ワザをからぶった場合や、つかみ打撃では解除されません。

また、リベンジ中にもう一度カウンターを成功させても効果は重複しません。

 

現状わかってる範囲での情報なので、新しい情報が入ったらすぐ追記します。

ワザ一覧

ガオガエンはワザを出し終わったタイミングでポーズを決めます。

何かしら操作をすればキャンセルされるので、対戦への影響はないと思われます。

・弱

特別性能がいいわけではありませんが、発生が早いので密着した場合に役立ちます。

百裂への派生はできません。

 

・横強

チョップ攻撃。

リーチと威力はそこそこありますが、後隙もしっかりあるため適当に振ると反撃を受けます。

 

・上強

頭でかち上げる攻撃。

後隙が少なめで、低%の相手には連続で数回つながります。

 

・下強

比較的リーチが長く、使いやすいワザ。

相手のダメージにもよりますが、上強などがつながるのでリターンもなかなかです。

 

・横スマッシュ

かなり威力の高い横スマッシュ。

リベンジ補正のかかったこのワザはまさに脅威です。

その代わり発生が遅く後隙も長いため、狙っても当てるのは難しくなっています。

 

・上スマッシュ

腕で相手をかち上げます。

これも威力はあるのですが、後隙もしっかりあります。

 

・下スマッシュ

その場にボディプレスを仕掛けます。

展開は読めているかもしれませんが、これも威力が高くてスキが大きいワザです。

 

・空N

手を広げてのボディプレス攻撃。

攻撃範囲が広く、発生が早いので暴れや立ち回りで使いやすいワザです。

ダメージが大きいのもポイント。

 

・空前

強力なドロップキック攻撃。

リーチが長く、ダメージが大きい割には発生も早めという高性能ワザです!

着地スキが14Fとなかなかあるので、ショートジャンプからは使いづらいのが欠点。

 

・空後

うしろへのキック攻撃。

発生がなかなか早く、ダメージや吹っ飛ばしも優秀という強力なワザです。

着地スキも短め。

 

・空上

上方向へのキック攻撃。

ダメージはひかえめですが、判定の強さや攻撃範囲のおかげで対空に使いやすいワザです。

コンボの締めとしても機能します。

 

・空下

下方向へのメテオ攻撃。

メテオの宿命で発生が遅くスキもありますが、決まれば早期バーストを狙うことができます!

 

・ダッシュ攻撃

ダッシュからの膝蹴り攻撃。

スキが大きいので多用は禁物です。

・NB DDラリアット

回転しながらのラリアット攻撃。

攻撃中、少しだけ左右に動くことができます。

発生は早いのですが、攻撃範囲が狭いので当てづらいです。

 

ちなみにDDが何の略かは明らかにされていないとか。

 

・横B ワザ名不明

突進しながらのつかみ攻撃。

つかんだ後にボタンを押すことで3種類の攻撃に派生します。

 

早め→相手を真上に飛ばすので、対空や着地狩りを狙うことができます。

 

ジャスト→ダメージが大きく吹っ飛ばしも強いラリアットを繰り出します!

バーストを狙えるワザなので、確実に出せるようにタイミングを練習しておきましょう。

 

遅い→相手とぶつかり、お互いに少しダメージを受けます。

 

空中で出しても尻もちにならないため、復帰距離を稼ぐこともできます。

また、スーパーアーマーがついているとの話もあるので調査中です。

 

・上B クロスチョップ

真上に飛び上がってからななめ下に向かってクロスチョップを繰り出します。

飛び上がりながらの判定が当たれば、基本的にチョップもつながります。

 

復帰ワザとしては距離が短めという欠点があります。

 

・下B リベンジ

このワザに関する細かい仕様は上で書きましたが、成功させると次のワザを大幅に強化することができます。

しかもカウンターの構えは3Fで発生ということで、かなり早く設定されています。

 

スマッシュで相手の早期バーストを狙ったり、高%の相手をスキの少ないワザでもバーストできるようにしたりと、何かと便利なワザです。

ただ着地狩りを拒否するために使うのも手。

 

他のカウンターと同じように飛び道具にも反応します。

 

・前投げ

回転してからの投げ。

ダメージはそこそこですが、コンボがつながらないためあまり使わないかもしれません。

 

・後ろ投げ

スープレックスして相手を後ろに強く吹っ飛ばします。

ダメージが大きく、バーストも狙うことができる強力な投げです。

特に、リベンジ状態での後ろ投げは異常な吹っ飛ばし力を持ちます!

 

・上投げ

そこそこのダメージとそこそこの吹っ飛ばし。

下投げが優秀なため、あまり使う機会のない投げです。

 

・下投げ

ほとんど吹っ飛ばない投げですが、そのおかげでコンボの始動ワザになっています。

低%の相手には下投げからの上強、中%の相手には下投げからの空前で大きなダメージを与えることができます。

迷ったら下投げ。

 

・最後の切りふだ ハイパーダーククラッシャー改

相手をロープにバウンドさせ、パンチで打ち上げてからハイパーダーククラッシャーを叩きこむ連続攻撃!

原作より攻撃回数が増えているため、スマッシュボール>Zクリスタル・・・?



Sponsored Link

ガオガエンの基本コンボ

発売までに変更される場合があるのでご注意ください。

上強→上強×α

低%の相手につながるコンボ。

体の重いキャラや落下の速いキャラには多く入ります。

 

上強→空上

上強から上強がつながらないダメージの相手に。

このコンボの後は対空や着地狩りを狙えるため、さらなる火力アップも期待できます。

 

下強→上強

ガオガエンのPVで使われているものですが、かなり実用的な高火力コンボです。

上強を当てたあとは、上のコンボのように空上がつながります。

 

下投げ→上強

低%の相手限定のコンボ。

これも上強のあとに空上などがつながります。

 

下投げ→空前

広いダメージ帯でつながり、火力もなかなか高いコンボ。

相手をつかんだ場合は積極的に狙っていきましょう!

 

オススメの立ち回り

ガオガエンは飛び道具を持たないので、とにかく相手に近づく必要があります。

空中での機動力はそれなりにあるため、シールドとジャンプを使ってまずは接近戦に持ち込みましょう。

 

 

ガオガエンは投げからの火力が高く、積極的につかみにいきたいところです。

しかし、つかみをからぶってしまうとかなりのスキが生まれてしまいます。

 

基本的にはスキの少ない下強や空中攻撃で攻め、相手がシールドを固めるようになってから投げを狙うのがオススメです。

 

 

相手のダメージが80~100%程度になったら、リベンジも使ってバーストを狙っていきます。

バーストにオススメのワザは空前、空後、後ろ投げ、横Bのラリアットです。

そのままでもなかなかの吹っ飛ばし力を持つので、無理にリベンジに頼る必要はありません。

 

 

横Bで距離を稼ぐことはできますが、復帰距離は短めです。

復帰阻止されると体重を活かす間もなく負けてしまうので、空中回避や下Bを駆使して何とか戻ります。

 

基本は下からの上B復帰ですが、意表をついて早めに上Bを出し、上から復帰するのも手です。

 

 

ガオガエンのワザはかっこいいものが多いので、華麗に戦ってギャラリーを魅了しましょう!

ガオガエン対策

ガオガエンは飛び道具を持たないので、弾幕を張れるキャラなら有利に立ち回ることができます。

しかし、飛び道具でもリベンジは発動するので、自分のダメージが溜まってきたら使わないのも選択肢に入ります。

 

また、剣を持つキャラならガオガエンの攻撃範囲外から攻撃できるので非常に有利です。

 

そのどちらもできないキャラで戦う場合(ミラーを含む)、常にガオガエンとの間に一定の距離を維持しましょう。

ガオガエンは一気に間合いを詰めて攻撃する手段がないため、少し離れることで動きが見えやすくなります。

 

オススメの距離はガオガエンの横Bがギリギリ届かないか、見てから反応して避けれる程度。

この立ち回りはガノンドロフ相手でも使うことができ、非常に有効な対策となります。

まとめ

今回はガオガエンについてまとめました。

 

ガオガエンのワザは演出の派手なものが多く、ヒットさせるとポーズを決めるため非常にかっこいいです!

 

練習して使いこなし、プロレスさながらに盛り上げて勝ちに行きましょう!



Sponsored Link