今回はロックマンを攻略していきます。

 

彼は弱や横強、空上や空下、横スマなどが飛び道具となっています。

 

うまく使いこなせればどの距離での戦いもこなせるようになるので、頑張って練習していきましょう!

 

ロックマンの概要

『ロックマン』シリーズの主人公。

もともとはお手伝いロボット「ロック」でしたが、ワイリーの脅威に立ち向かうため、自ら志願して戦闘用に改造されています。

 

頭から取り入れた太陽エネルギーで動き、ロックバスターも太陽エネルギーから作られています。

 

また、原作シリーズでは倒したボスの武器を組み込むことで強くなっていくのが特徴で、スマブラのBワザもボスとの激しい戦いの結果手に入れたものです。

 

 

ロックマンという名前から岩男と略されたりしますが、音楽のロックンロールが名前の由来だそうです。

同じくロックマンシリーズに登場するロールも、ロックンロールから来ています。

ロックマンの評価

ロックマンは多くの飛び道具を持ち、その性能もなかなかです。

近距離戦もある程度はこなすことができますが、ややワザにクセがあるので慣れていないと厳しいです。

 

また、どうしても飛び道具に頼る性質上、反射ワザ持ちとは戦いづらくなっています。

 

総合的に判断すると、ロックマンはBランク。

中堅との評価です。

全キャラクターのキャラランクはこちら!

 

どの間合いでの戦いもこなすことができる可能性は持っているので、相手の苦手な間合いで戦っていきましょう!

長所/短所

長所

・多くのワザが飛び道具であるため、全体的にリーチが長い

・その飛び道具の性能が高い

・弾幕系のキャラの割に体重があり、復帰も強め

 

短所

・バーストワザのクセが強い

・反射ワザを持つキャラに相性が悪い

・移動が遅め

 

前作からの主な変更点

・横スマッシュの全体フレームが短くなり、射程が長くなった

 

・上スマの後隙が短くなった

 

・空中ワザの着地隙が変化した

空N:調査中です

空前:19F→12F

空後:20Fのまま変化なし

空上:19F→20F

空下:24F→14F

 

・空前のダメージが上がり、吹っ飛ばし力も強くなった

 

・NB「メタルブレード」のダメージが上がった

 

・下B「リーフシールド」がB長押しでリーフシールドを展開し、ボタンを離すと発射するようになった

発生が早くなり、後隙も短くなった

また、リーフシールド展開中はシールド、つかみ、アイテムの投てき、崖つかみができなくなった

 

・最後の切りふだのエフェクトが変わった



Sponsored Link

ワザ一覧

現在調査中です

ロックマンの基本コンボ

現在調査中です

オススメの立ち回り

現在調査中です

対策

現在調査中です

まとめ

現在調査中です



Sponsored Link