今回はネスのワザ一覧や立ち回りなどについてまとめていきます!

 

スマブラを64からやっている方にとっては最強キャラ!というイメージが強く、あまりゲームをしない方にとっては誰?という感じなのではないでしょうか。

(実際は64スマブラでは中堅ですが)

 

かわいらしい外見とは裏腹に操作難易度の高いキャラなので、しっかり練習して使いこなしましょう!

ネスの概要

『MOTHER2 ギーグの逆襲』の主人公で12歳の少年。

かつて地球侵略に失敗し、力を得て破壊者となったギーグと戦いを繰り広げます!

 

PSI(サイ)と呼ばれる超能力を持ち、攻撃以外にヒーリングやテレポートも使うことができます。

原作のネスはPKファイアーやPKサンダーを使えませんが、スマブラ参戦にあたって仲間たちに教えてもらったみたいです。

 

MOTHERシリーズは3作品出ていてすべてクリアしたのですが、BGMのいい1作目、雰囲気やゲームバランスのいい2作目、ストーリーのいい3作目というのが個人的な感想です。

MOTHER2の主人公ネスとMOTHER3の主人公リュカはスマブラに参戦したのに、1作目の主人公ニンテンは参戦する気配がないですね・・・

 

さて、スマブラでのネスはどうかというと、見た目とは裏腹にパワータイプ。

特に投げの威力はすさまじく、後ろ投げの吹っ飛ばし力は脅威そのものです!

 

その代わりスピードはイマイチで、動きのクセも強く設定されています。

復帰も独特なため、使いこなすにはかなりの慣れが必要です。

 

声優はカービィと同じ大本眞基子さん。

普通にプレイしていると同じ人とは思えないので、声優ってすごいなと感心させられます。

本当に余談ですが、どせいさんの発音は「どせ↑いさん」ではなく「ど↑せいさん」とのこと。

 

長所/短所

長所
・吹っ飛ばし力の強いワザが多い

・ワザの判定が強い

・後ろ投げの吹っ飛ばしが異常で、投げバーストを狙える

・空中での動きとワザ性能がかみ合っていて、空中戦が強い

 

短所

・地上での移動が遅い

・動きのクセが強い

・復帰に慣れが必要で、阻止もされやすい

 

前作からの変更点

下スマッシュのホールド中に攻撃判定がついた

 

・空中ワザの着地スキが減った

空N 18F→8F

空前20F→12F

空後17F→10F

空上14F→8F

空下28F→14F

 

空上がヘッドバッド→手からPSIを出して攻撃するワザになった

 

・NBのPKフラッシュの溜め時間が短くなった代わりにダメージが大きく減少した

また、空中で使っても尻もち落下にならなくなった

 

・上BのPKサンダーがネスに当たる直前に矢印が表示され、体当たりの方向が見えるようになった

 

・下Bのサイマグネットに攻撃判定がついた

また、飛び道具を吸収したあとはシールドでワザを解除できるようになった



Sponsored Link

ワザ一覧

ネスのワザは全体的に判定が強く、吹っ飛ばしの強いワザも多いです!

ただしBワザのスキが大きいため、使いどころには注意が必要です。

 

・弱 ジャブ→ストレート→ミドルキック

リーチは短いものの発生が早く、密着した状態で頼りになるワザ。

暴れとしてはショートジャンプ空Nの方がローリスクではあるものの、こちらの方が発生が早いので一長一短です。

 

・横強 サイドキック

上下シフトが可能なキック攻撃。

別に弱いわけではないですが、ネスで無理に地上戦をする必要はないので使いどころはあまりないです。

 

・上強 PKトス

発生が早く、判定も強いので暴れや対空に使えます。

その代わり横方向の攻撃判定がせまいので過信は禁物です。

 

なお、PKは念力を意味するpsychokinesisの略です。

 

・下強 クラウチングキック

下強の中ではおそろしく発生が早く、後隙もおそろしく短いワザ。

派生しない弱攻撃のような感覚で使え、他のワザにつなぐこともできます。

相手のキャラやダメージによっては途中で抜けられたり暴れが間に合ったりする点には注意が必要です。

 

・横スマッシュ バットスイング

とんでもない吹っ飛ばし力を持つ横スマッシュ攻撃。

威力の割には後隙も短めで、武器判定なので判定負けの心配もありません。

PKファイアーが至近距離で当たった場合、思い切りこのワザをたたき込みましょう!

 

バットによる攻撃ということで、相手の飛び道具を打ち返す効果もあります。

発生が遅いので実用性はイマイチですが・・・

威力を倍増して返すため、うまく決まれば大逆転も狙うことができます!

フォックスのリフレクターなどと違って耐久が無限なので、ネス同士で打ち返し合う遊びも可能です。

 

・上スマッシュ シャトルループ

発生が非常に早いスマッシュで、その代わりに威力はひかえめです。

判定がネスの前→上→後ろの順に出るため、前方にいる相手には後隙が目立ち、後方にいる相手には発生が遅くなる点に注意が必要です。

 

・下スマッシュ ヨーヨーショット

上スマとは逆に、後ろ→前の順に攻撃します。

ホールド中にも攻撃判定がある数少ないワザで、崖に背を向けて下スマホールドをすると、崖につかまろうとする相手に刺さります。

スマッシュ攻撃の部分も、崖への圧力として強力です。

 

・空N ネススピン

ワザ名の通りネスがスピンするワザなのですが、実はかなり高性能です。

発生が非常に早くて判定も強いため、確反や暴れにもってこいの性能をしています。

 

相手キャラと密着した場合、引きジャンプをしながら空Nを出すことで安全に間合い管理ができます。

中距離での立ち回りではさらに優秀な空前や空後がありますが、接近戦では空Nが勝ります。

 

前作ではなかったPSIエフェクトが追加。

 

・空前 空中PKハンドスタンプ

ネスのワザの中でも判定が強く、リーチも長い優秀な空前。

ネスの空中移動能力と合わせてかなりの攻撃範囲を持ち、立ち回りの中心となるワザです。

 

けん制としても使いやすいほか、下投げなどからのコンボパーツとしても機能します!

 

・空後 PKドロップキック

出始めの威力が非常に高く、リスクの小さいバーストワザとして優秀です。

空上の吹っ飛ばし力が下がったので、このワザの出番が増えると思います。

しっかり本当てできるようにタイミングを覚えておきましょう!

 

・空上

前作までのヘッドバットからPSIを使ったワザに変更されました。

バースト力は下がったものの、対空や着地狩りでの使い勝手はバツグンです。

判定もかなり強く、暴れられても一方的に勝つことが多いです。

 

・空下 PKメテオキック

メテオ攻撃特有の発生の遅さと後隙の大きさを持つワザ。

別に弱いわけではないですが、ネスは他の空中ワザの性能が高いために使い勝手が悪く感じてしまうと思います。

 

・ダッシュ攻撃 PKハンドスタンプ

すべりながら攻撃する上、ワザ自体の判定も広いためにものすごいリーチを持ちます。

地上ワザのリーチがひかえめなネスにとって、地上戦の生命線ともなる優秀なワザ。

・NB PKフラッシュ

Bボタンを押し続けてパワーを溜め、はなすと広範囲にフラッシュ攻撃を行います。

溜めている間はスティックで攻撃する位置を少し動かせます。

 

前作より溜め時間が短くなったとはいえスキが大きすぎるので、タイマンでは使わない方が無難です。

 

・横B PKファイアー

なにかに当たると火柱が立ち、多段ヒットする飛び道具。

飛び道具としては射程距離が短く、発生の早さや後隙も優秀とは言えません。

 

しかし当たったときはさまざまな追撃が入るため、リターンの大きさはかなりのもの!

体の大きいキャラや抜け方を知らない相手の場合はPKファイアーだけでダメージを溜めることも可能です。

食らった側は頑張ってずらすこと!

 

空中で出すとななめ下に球が飛ぶため、着地狩りや復帰阻止を読んで当てれば攻守逆転できます。

 

・上B PKサンダー

スティックで操作できる電気の球を出します。

空上や空前による着地狩りも強力ですが、それらが届かない上空の相手にはこのワザでの追撃が有効です!

 

単純に操作可能な飛び道具としても使えますが、電気の球をネス自身に当てると突進攻撃を行います。

この「PKサンダー体当たり」はとんでもなく威力が高い上、ネスの貴重な復帰手段です!

 

しかし電気の球を操作している間はネスが無防備になるので、復帰阻止のされやすさは全キャラトップクラスです・・・

阻止を防ぐためにも、いろんな角度からピッタリ崖につかまれるように練習しておきましょう!

一応、体当たりする方向に矢印が出るようになったため少し難易度が下がりました。

 

↓PKサンダーや立ち回りのお手本

 

・下B サイマグネット

エネルギー系の飛び道具を吸収してダメージを回復するワザです。

回復量はなかなか大きいものの、ミサイルや弓矢といった物理系の飛び道具は吸うことができません。

 

今作から攻撃判定が付きましたが、おせじにも使いやすいとは言えないためオマケ程度に考えておいた方がいいかも。

 

ネスやリュカのミラー対決の場合・・・

PKサンダーで復帰しようとしたところにこのワザを置いておくことでサンダーを吸収し、体当たりをする前に封じるということも可能です。

 

・前投げ PKスルー

ダメージに関係なくほぼ同じ距離吹っ飛ぶ投げ。

低%の相手をとりあえず崖外に出すためには便利です。

逆に高%の相手でもバーストさせるのは困難。

 

陸続きのステージでは、一撃必殺も狙えます。

 

・後ろ投げ リバースPKスルー

全キャラでもトップクラスのバースト力を誇る投げ。

その吹っ飛ばし力はとんでもなく強く、そこらのスマッシュを上回るほど!

 

この投げがあるために高%の相手はシールドが使いづらくなります。

その心理を突いて打撃ワザを狙っていくのも有効です。

 

・上投げ カウボーイPKスルー

いろいろと中途半端であまり使わない投げ。

 

・下投げ ラピッドPKファイアー

低%の相手にはこの投げから空前などのコンボが狙えるため、ある程度ダメージを溜めきるまではこの投げ!

 

・最後の切りふだ PKスターストーム

MOTHER2でまぼろし老人から(ネスの仲間のプーが)教わった「星を落とす方法」。

スティックの左右で星を振らせる方向を操作できます。

 

演出面の変更として、スマブラSPではポーラとプーが応援にかけつけます!感動!

ジェフはPSI使えないからまあ・・・

 

ちなみにこの動画で流れているBGMは「Bein’ Friends」という曲のアレンジで、僕の大好きなBGMでもあります!

オススメの立ち回り

ネスは地上での動きが遅めで空中での機動力が高いため、主に空中で立ち回るのが基本です。

空前や空上を中心に立ち回り、ときおりダッシュ攻撃やPKファイアーでの奇襲と下投げからのコンボをおりまぜます。

 

バーストを狙えるダメージになったら、横スマッシュや空後、そして後ろ投げを狙っていきましょう!

ネスは攻撃性能は高いのですが防御関連はもろいため、とにかく攻めを継続することが重要です。

 

空中ジャンプしながらの空Nや空前は攻撃範囲がとにかく広く、復帰阻止性能は高めです。

PKサンダーで空中回避を出させてからなら、さらに阻止がしやすくなります。

その代わりネス自身の復帰能力に問題があるため、無理に阻止しようとすると返り討ちにあう可能性もあります。

相手キャラの性能や吹っ飛ばした距離によって崖外に出るか出ないかを決めましょう。

 

逆に復帰阻止されると本当につらいです。

空中回避を駆使したりPKサンダーをどこで使うか工夫したりして、なんとか復帰を読まれないようにしたいところ。

そのためには体当たりを狙った角度で出せるようにしておく必要があるので、繰り返し練習しておきましょう!

 

ネス対策

ネスは左右の移動が早いわけでなく、特別リーチの長いワザを持っているわけではありません。

ある程度の距離を空けていれば動きが見やすくなるので、スキを突いて攻撃を当てていきましょう。

 

特にダメージを溜められてからは横スマッシュや空後、後ろ投げが脅威となるので慎重に立ち回ります。

 

そしてネス対策で重要なのは、なんといっても復帰阻止です!

PKサンダーの電気の球を消すかネス本体を攻撃すれば、体当たりされる前につぶすことができます。

また、体当たりも出始め以外は無敵がないため、コースを読んでメテオなどで落とすことも可能です。

体当たりに対してカウンター攻撃を置いておくのも有効。

ただし体当たりに当たるとすさまじく吹っ飛ばされるので、画面をしっかり見る必要があります。

 

ネスやリュカの場合はサンダーを吸収して阻止ができますが・・・

それは相手から見ても同じこと。

空中ジャンプだけ(リュカの場合はヒモヘビ含む)で戻れないところまで飛ばされたら終わりという世紀末ゲームを楽しめます。

 

他にもマリオ、ロゼッタ&チコ、むらびと、Mr.ゲーム&ウォッチ、フォックス、ファルコ、ウルフ、ピット、ブラックピット、パルテナといった反射or吸収ワザ持ちはネスにとって脅威となります。

 

ネスは立ち回りや攻撃性能はなかなか強いため、復帰関連で差をつけていきましょう!

 

まとめ

今回はネスのワザ性能や立ち回りについてまとめました。

 

ネスはなにより復帰に特徴があるキャラなので、使い場合は復帰、対策する場合は復帰阻止を練習しておきましょう!



Sponsored Link