今回はパックマンを攻略していきます!

 

彼はMr.ゲーム&ウォッチと並んでマリオより先に生まれた先輩です。

 

非常に変わった戦い方を得意とするキャラなので、しっかり練習していきましょう!



Sponsored Link

パックマンの概要

1980年に発売された『パックマン』のプレイヤーキャラ。

 

このゲームはパックマンを操作し、モンスターを避けながら迷路に落ちているエサを食べていくゲームです。

ボタンを一切使用せず、上下左右の移動のみというシンプルな操作ながら、熱中する人を続出させました。

 

私も何度かプレイしましたが、あまりにクリアできなくて投げてしまった記憶があります笑。

 

 

スマブラシリーズには3DS/WiiUから参戦。

原作のボーナスアイテムを投げつける「フルーツターゲット」を中心に独特の立ち回りで戦うキャラでした。

 

SPでもその性能は引き継がれているので、それぞれのアイテムがどんな性能かをしっかり把握しましょう!

パックマンの評価

パックマンは、クセがない通常ワザとトリッキーなBワザをあわせ持ちます。

それによって距離を問わず戦える点が魅力です!

 

欠点として威力の高いワザが少なく、どうしても戦いが長くなりがちです。

 

また、前作から各種Bワザの仕様が変わったため、やや立ち回りでの安定性が落ちています。

 

その結果、パックマンのキャラランクはD。

弱キャラと評価されています。

全キャラクターのキャラランクはこちら!

 

飛び道具をうまく使えるかどうかが勝負を分けるので、頑張って使いこなしていきましょう!

長所/短所

長所

・トリッキーで優秀なBワザを持つ

・けん制が強力で復帰力も高いので、粘り強く戦うことができる

 

短所

・通常ワザのリーチが短く威力も低め

・(前作より短くなったが)つかみの全体フレームが長い

前作からの主な変更点

・弱のダメージが減った

 

・上強のモーションが変わったが、それによって攻撃範囲が狭くなった

 

・横スマッシュの発生が早くなり、持続が長くなった

 

・上スマッシュの発生が早くなった

 

・下スマッシュの発生が早くなった

 

・空中ワザの着地隙が短くなった

空N:12F→7F

空前:16F→10F

空後:22F→14F

空上:16F→10F

空下:20F→10F

 

・空前と空下のダメージが増した

 

・ダッシュ攻撃のヒット数が増え、そのぶんダメージが増えて全体フレームが長くなった

 

・つかみの全体フレームが短くなった

 

NB「フルーツターゲット」の溜め時間が短くなった代わりにすべてのダメージが下がった

ギャラガ→その場落としでヒットさせたあと下方向に飛ぶようになった

ベル→その場落としでヒットさせてもしびれるようになった

 

・上B「パックンジャンプ」で設置したトランポリンにやられ判定がつき、攻撃を受けると色が変わるようになった

また、色が変わったトランポリンを踏むと尻もち落下になる

 

下B「消火栓」の水流をガードできるようになり、攻撃で相殺もできるようになった

また、地上で消火栓を出すのが速くなった

 

・最後の切りふだが画面外から高速で何度も突進するものになった

ワザ一覧

現在調査中です

パックマンの基本コンボ

スマブラSPではコンボがつながりにくくなったこともあり、現在調査中です。

オススメの立ち回り

現在調査中です

対策

現在調査中です

まとめ

現在調査中です



Sponsored Link