今回は、ピカチュウのワザ一覧や立ち回りなどについて書いていきます!

 

ピカチュウは一通り使いやすいワザがそろっており、やりこむことでさらなるポテンシャルを発揮します。

初心者から上級者までオススメのキャラということで対戦する機会も増えると予想されるので、しっかり性能を把握しておきましょう!

 

デモ版でわかる情報をまとめているため、製品版までに変更される場合がある点はご了承ください。

ピカチュウの概要

ねずみポケモン

高さ0.4m

重さ6.0kg

 

ポケモンゲームの1作目「ポケットモンスター赤・緑」で初登場したキャラクターで、ほおぶくろに電気をため込んでいます。

 

アニメではサトシの相棒として活躍し続けているポケモンということで、人気投票でも1位に輝いています!

一時的に電撃が使えなくなってしまったこともありましたが、それでも一線級で戦ってきました。

 

スマブラでは見た目通りのスピードキャラで、素早い動きと優秀なワザを活かして戦います。

 

初代の64では最強キャラで、その後も常に中堅~強キャラに居座っているという地味にすごいやつです;

新作のスマブラSPにおいても、デモ版ではかなり高い評価を得ています!

 

とはいえ、体重が軽くて吹っ飛ばされやすいため、適当に使うとあっという間に倒されてしまいます。

ヒット&アウェイを駆使して、華麗に立ち回っていきましょう!

 

長所/短所

長所

・全体的に動きがはやい

・体が小さく、やや攻撃に当たりにくい

・復帰距離が長く、阻止もされづらい

・しっぽや電気を使ったワザのリーチが長く、判定も強い

 

短所

・体重が軽いため吹っ飛ばされやすい

・復帰に慣れが必要

 

前作からの主な変更点

・横強が電気属性になった

 

・横スマッシュの後隙が増加した

 

・全キャラ共通の変更点ではあるものの、空中ワザの着地スキが減少した

空N 10F→6F

空前 26F→17F

空後 12F→6F

空上 12F→8F

空下 19F→15F

 

・空Nのモーションが変更された

 

・空前の吹っ飛ばし力が強化された

 

・空後の持続が短くなり、全体フレームも短くなった(58F→43F)

 

・空下の出始めにメテオ判定がついた

 

・ダッシュ攻撃の全体フレームが短くなった



Sponsored Link

ワザ一覧

ピカチュウのワザは全体的にスキが少なめで、高性能なものがそろっています!

特に、しっぽを使った攻撃はリーチと判定の強さが優秀です。

 

・弱 ずつき

他のキャラとは違い、1段目のみで派生しない弱攻撃。

 

相手をステージの外に追い出して復帰阻止!

ということはできませんが、発生が早いため密着した状態で役立ちます。

 

1段目のみということで後隙も短いため、ガードされてもあまり不利にならない点は優秀です。

 

・横強 りょうあしげり

発生・後隙・リーチがそこそこ優秀なワザです。

とはいってもピカチュウは空中の機動力に優れるうえ、さらに強い下強があるため無理にこのワザを使う理由があるかは疑問です・・・

 

電気属性がつきましたが、ヒットストップが長くなった以外は特に変わらないように感じます。

 

・上強 しっぽアタック

攻撃範囲が広く、お手玉も狙える優秀な上強です。

このワザで浮かせてからの空中コンボはかなり強力!

 

判定が強いために対空にも使える、いろいろすごいワザ。

 

・下強 あしばらい

発生が早い割にリーチが長く、さらに後隙も短い、上強と並ぶピカチュウ地上戦の中心となるワザです。

密着さえしていなければ、ガードされても確反をもらうことはないでしょう。

 

スマブラSPではダッシュから強攻撃が出せるようになっています。

ダッシュ下強の先端を相手に当てていくのは非常に有効なので、このワザのリーチはしっかり把握しておきたいところ。

 

・横スマッシュ ショートでんげき

発生が少し遅い以外は、威力・リーチ・判定の強さ・後隙の短さなどが優秀で超強い横スマ。

 

後隙がショートだった前作よりはさすがにスキが増えましたが、それでもスマッシュらしからぬリスクの少なさです。

 

・上スマッシュ サマーソルトしっぽ

発生が早く、ふっとばし力の強い優秀な上スマ。

横スマと比べるとリーチの短さや後隙の大きさが気になりますが、それを加味しても頼りになるバースト手段の1つです。

 

・下スマッシュ ねずみはなび

ねずみはなびのようにその場で回りながらの電撃攻撃。かわいい。

発生こそピカチュウのスマッシュの中でもっとも早いのですが、ワザの持続自体が長いうえに後隙も長くなっています。

空振ったりガードされた時点で手痛い反撃を受けることに・・・

 

ピカチュウの他のスマッシュが強力ということもあり、使いどころの難しいワザだと思います。

 

・空N

前作からモーションが変わり、ミュウツーの空Nのように電気をまとう攻撃になりました。

暴れ性能が下がった代わりに立ち回りやコンボで使いやすくなっています。

 

着地しながら当てることで投げや上スマッシュなどがつながって高火力が期待できるので、うまく当てていきたいところです。

 

・空前 でんげきドリル

見た目に反してものすごく判定が強いです。

発生が特別早いわけではないものの、差し込みワザやコンボパーツとして役立ちます。

ショートジャンプからこのワザを出してるだけでも、一部のキャラは詰みかねません・・・

 

前作と比べて吹っ飛ばしが大きく強化され、ピカチュウの弱点だったバースト力を解消してしまったすごいワザ。

 

・空後 グライダー

発生がめちゃくちゃ早く持続も長い空後。

前作より持続が短くなったため、ショートジャンプから最速で出すと着地スキが出なくなりました!

 

攻撃判定を出しながら移動できるので、ガードされた場合はめくって反撃を受けにくくしたりというアドリブ力を求められます。

 

・空上 しっぽはたき

発生が早くて判定も強いため、着地狩りに向いています。

少しとはいえ前作よりダメージが上がったのはうれしいところ!

 

・空下 でんげきスクリュー

発生が少し遅いものの、他の空中攻撃より威力が高くなっています。

SPからワザの出始めにメテオ判定がついたため、空中回避などを読んで当てることができれば一発逆転も狙えます!

 

ショートジャンプから最速で出せば着地スキが出ないのもポイント。

 

・ダッシュ攻撃 ジャンプずつき

ピカチュウの機動力も相まってすばやく攻撃できるため、差し込みや反確で便利です。

といってもダッシュからの下強の方がはるかにローリスクなので、あまり使わないワザかも。

・NB でんげき

地上での性能はイマイチですが、空中で出すと非常にいやらしい軌道で飛んでいきます。

このワザを盾にしながら近づけば厄介なこと間違いなし!

 

また崖をはうように出せば、崖にそって復帰してくる相手の妨害をすることも可能です。

 

・横B ロケットずつき

Bボタンを押し続けてパワーを溜め、はなすと勢いよくずつきを繰り出します。

しかしスキが大きすぎるため、他のワザを出そうとして誤って出さないように注意しましょう(笑)

 

復帰距離を伸ばすのに使えますが、復帰阻止されやすいので相手のワザが届く距離では使わない方が無難です。

ピカチュウの上B強いし・・・

 

・上B でんこうせっか

復帰ワザとしても攻撃ワザとしても超高性能という壊れに近いワザ。

 

ワザ発動のあと、スティックを入れている方向に高速で突進します。

1回目の移動が終わった瞬間にスティックを入れていれば、もう一度だけ移動することができます。

ただしまったく同じ方向に2連続はできません。

 

単純に復帰距離が長く、移動も早いため復帰阻止されづらいです。

 

攻撃ワザとして見ると単発の威力こそ低いものの、当たれば空中コンボに移行できるため火力はそれなり。

早すぎて反撃をとられることはほぼありません・・・

攻撃しつつのライン回復も可能。

 

上級者向けのテクニックとして、崖端ギリギリに移動すると空中に飛び出してスキが消える「崖キャン」もあります。

 

高性能な代わりに制御が難しく、ミスして崖外に出てしまったら落ちていくしかありません。

でんこうせっかをどれほどうまく使えるかでピカチュウの強さは大きく変わります。

確実に狙った位置に行けるように要練習です!

 

・下B かみなり

上空に雷雲を呼び出し、そこからかみなりを落として攻撃します。

そのかみなりがピカチュウ自身に当たると高威力の攻撃を行います。

投げなどで相手を打ち上げてからこのワザにつなぐコンボは強力の一言!

 

雷雲さえ出ていれば、途中でピカチュウが攻撃されてもかみなりが落ちます。

 

・前投げ でんきなげ

ダメージは大きめですが、他の投げが強いためあまり使わない投げ。

特にサドンデスでは使わないこと。

 

・後ろ投げ じごくぐるま

後ろに転がってから投げるため、ステージの外に追い出すのに便利な投げ。

ピカチュウの復帰阻止性能の高さもあって復帰の弱いキャラにとっては脅威です。

 

・上投げ ヘディング

上投げでかちあげてからのかみなりが強力です。

高%の相手にはこれ。

 

・下投げ ヒッププレス

いい感じに浮くので、コンボにつないでの高火力が期待できます。

低%の相手には迷わず下投げ!

 

・最後の切りふだ ボルテッカー

 

おそらくですが、前作までのような自分で操作するタイプから変更され、始動ワザに当たった相手に自動で攻撃するものになっています。

なお、ボルテッカーといいながらも本家と違って反動ダメージはない模様。

オススメの立ち回り

ピカチュウは、地上でも空中でもなかなかのスピードと優秀なワザを持っています。

 

その中でも特に強力な差し込みは、ショートジャンプからの各種空中攻撃です。

それらを活かすため、地上~低空で戦うのがオススメです!

 

基本はショートジャンプからの最速空中攻撃や着地しながらの空Nを狙い、ヒットしたら空中コンボや投げへのコンボにつないでいきましょう!

 

また、相手が低空からの攻撃を警戒するようになったら、下強や投げもおりまぜて崩していきます。

でんこうせっかによる差し込みも、距離を測ればローリスクハイリターンで有効です。

 

相手との距離がある程度ある場合は、大ジャンプしながらでんげきを出し、電気の球と一緒に攻めるのもかなり強力です。

 

 

相手をステージ外に追い出したあとは、空前や空下で復帰阻止を狙っていきましょう!

ピカチュウは復帰力が高いため、崖外まで飛び出して行っても簡単にステージに戻ることができます。

復帰阻止を恐れて崖にそって復帰してくる相手には、崖をはうNBのでんげきが効果的です。

 

復帰は空中ジャンプ・空中回避・横B・上Bを駆使すればどれだけ吹っ飛ばされても戻ってこられるでしょう。

さらに復帰阻止もされづらいため、体が軽い割にはバーストされにくい方です。

まずは上Bのでんこうせっかを確実に2回出せるようにし、さらにピッタリ崖をつかまれるように練習しておきましょう!

 

とはいっても軽くてバーストされやすいことに変わりはないので、スピードと判定の強さを活かして攻撃を受けないように戦いたいところ。

 

 

ピカチュウはどのワザも優秀で使いやすいのですが・・・

逆に言えばワザの選択肢が多く、最適なワザ選択をするのが難しいということになります。

練習や対戦を繰り返してすばやく判断できるようになっていくと、どんどんピカチュウが強くなっていくのが実感できるはずです!

 

ピカチュウ対策

ピカチュウはスピードがあり、判定の強さも持ち合わせています。

しかし特別リーチが長いわけではないため、剣士キャラならある程度有利に戦うことができます。

 

特にクラウドやマルスはスピードもあり、間合い管理がしやすくなっています。

 

また、でんげきを盾にしながら近づいてくるピカチュウの対処はかなり難しいです。

反射ワザを持たないキャラは、相手がでんげきを出しづらくなる位置までシールドを張りながら近づきましょう。

飛び道具と一緒に攻めてくるピカチュウは無理に相手しないこと。

 

でんこうせっかの対策は難しいですが、基本はシールドが有効です。

来るタイミングが完全にわかっていれば判定の強いワザを置いたりできますが・・・

でんこうせっかの後隙を狩れないスピードのないキャラは、どこかで勝負をかける必要がありそうです。

ピカチュウは体が軽いので、バースト力で差をつけていきましょう。

 

また、ピカチュウの復帰阻止は難しく、ピカチュウの復帰阻止能力は高く設定されています。

よほど自信がない限りは、復帰阻止は狙わない方が無難です。

 

まとめ

今回はピカチュウについてまとめました。

 

ピカチュウはデモ版では強キャラと言われており、やりこみによってさらに強くなっていくと思われます。

自由度の高いキャラのため、自分なりのコンボを探すのを面白いでしょう。

 

そしていいコンボがありましたら、コメントなどで教えてもらえるとすごく助かります!笑



Sponsored Link